カテゴリー別アーカイブ: キャンペーン事例・業界動向

2014年のSEOについて

お久しぶりです。このドメインが有効かどうかもわからず、ドキドキしながらアクセスしましたが、無事だったようです。
近々、こちらのサイトも本腰を入れようと思っていますので宜しくお願いします。

Webアナリストということは、SEOできるんですね

以前は、自分の職業を「WEB BUSINESS CREATERです」と言っていましたが、世の中の「Webアナリストの認識」を知りたくなって、自己紹介の時に「Webアナリストです」と言うようにしています。

その際、次のコメントが「SEOできるんですね!」もしくは、数日後に、Facebookで「このサイト、全然検索に引っかからなくて」というメッセージが来るなど、世の中の認識が、

Webアナリスト = SEOできる人

になっているようです。答えは「否!!」ですよ。もちろん、SEOの知識もありますが、それだけじゃなく、ビジネスにどうWebを活用するかを考えるという職業のはずです。

また、肩書きをWEB BUSINESS CREATERに戻そうと思いました。

2014年のSEOについて面白いスライドを紹介します

ちょっと面白いスライドを見つけたので紹介します。

Shigeoki Matsuoさんの2014/11/3に高知で開かれた「地方から魅力あるコンテンツを作っていこう(WCK Sessions Vol.8)」に登壇した際に使用したスライドです。

145ページもあるので、ちょっとお時間のある時推奨なのですが、スライドを読んでからこれ以降の文章に進んでください。

私に問い合わせがあるような「このサイト、全然検索に引っかからなくて」の解決方法にはなりませんが

※補足

  • site://
  • robots.txt
  • .htaccess
  • ウェブマスターツール

チェックしようよとかそういう次元ではないと言うことです

SEOに関しての問い合わせを受けた時に、ディレクトリ構成やhead要素だけではなく、コンテンツそのものの提案をすることも多いのですが、

いや、サイトの構成とかはそのままで、Google検索に認識されるようにしたいんだよね

とおっしゃるWeb担当者多いです。

SEOは、そうじゃないんですよ。と言うのは、まだまだ世の中に広がっていないようです。
なので、松尾さんのスライド、もっと世の中・・せめて、Web担当者に届いてほしいと思います。
JDOなんですよ。時代はJDO!!

おまけ

さくっと原因が分かってしまう程度のものは、さくっと答えを返信しがちですが、今後はきちんと請求していこうと思います。フリーランスなのでお金はもちろん大事です。

私に声をかけるときはある程度覚悟の上で声かけてくださいね^^

【プロモーション】Google MapとCMのまさかのコラボ!

KIRINのCM 嵐が出演している「る?」のCMが、うっかり、Google Mapsに写ってしまったそうです。


このCM。

CM、オフィシャルのyoutubeとかないんですね。。消されちゃうかもな。。

で、このCMのなかに組まれている、巨大な「る」の文字が、Google mapsに写っています。

Google地図で、43.856604, 142.254179 をみる

それを受けて、キャンペーンサイトが立ち上がっています。

狙ってできるキャンペーンではありませんが、キャンペーン用のサイトを作ってしまうところとかいいなーって思います。

【プロモーション】リアルタイムで変化するFacebookのカバーでプロモーション事例

情報元

世界初! リアルタイムで変化するFacebookカヴァーによるプロモーション事例
http://wired.jp/2012/09/27/realtime_facebook_cover/

スロヴァキアのデジタルエージェンシー「ZARAGUZA DIGITAL」の行った自社プロモーション事例。
内容はタイトルにもある通り、リアルタイムでFacebookのカバーが変化することで、いいね!やページビューを集めるというもの。
続きを読む

【キャンペーン】ローソンのfoursquareキャンペーン

やってたんですねー。

http://walk.lawson.jp/checkin/
ここ。

WS000043

告知ページはここ
ローソン × foursquareキャンペーン始まりました!

http://www.lawson.co.jp/campaign/static/foursquare/

キャンペーン:2012年9月19日~2012年10月15日
2012年9月20日時点で、日本で838,075チェックイン。
インドネシアで15,015チェックイン
ハワイは193チェックイン
先着100,000名様にからあげクン(各種)の半額券をプレゼント をやってます。やってました。

先日、foursquareプロモーションと言う本を読んだのですが、


これこれ。

私は、foursquareで遊んだことが無くて、というか、現在地をさらすと言う行為自体あまり好ましく思っていなくて、
でも、ロケタッチを昔やっていたころは、1年後に行った山中湖近くの小作でチェックインしたら、1年前に自分が来ていた事が記録されていてちょっと面白いなと思ったけど、自分の記録ならいいけども、それを皆に公開ってどうなの?と思いっきりネガティブでして。

なので、からあげクン半額程度じゃ、私の居場所は譲らないわよ。と思うのです。いくら日本唐揚協会の会員であっても!!(持論はどうでもいいですね)

そんなわけで、foursquareよく分からなかったのですが、foursquareプロモーション
を読んだら、いろんなことが出来るんだなーと(法人登録とかね。いろいろ)。

日本で、foursquare使ったキャンペーン、今回のローソンが初めてだって事も驚きました。その本読んだら事例とか出てなかったかな。違ったかな(手元に無いので)
foursquareのユニーク・コード配布機能を活用したキャンペーンは米国以外で初ってことか。じゃ、使わないキャンペーンもあるんですねぇ。どっちがいいんだろうか。

私はあまり前向きには考えられないけど、foursquareのキャンペーンも、効果があるかもしれませんね。
これに関しては、ローソンのキャンペーン終了後にどこかに結果報告が載ったらいいなと思いますし、どうなれば成功と言えるのか(店舗誘導だろうけど。。あと売り上げとか。地域によって差があるのかとかも面白そうかな)なんかもじっくり考えると楽しそうですね。

【プロモーション】知らない人と結婚しちゃうプロモーションがあったそうな

ネタ元こちら
知らない者同士で結婚!? Facebookを利用したユニークなプロモーション

http://wired.jp/2012/09/11/marriage_facebookpage/

Facebookページに330万人のファンがいるのど飴の会社のプロモーションとの事。
タイトルからしてショッキングだけど、私も独身で、もう、なんていうか、こういうことでもないと(誰かが後押ししてくれなくちゃ)結婚なんてしない気さえしているので気になったわけですが。

WS000041

続きを読む

【広告】Googleオンラインチラシ 提供開始というお話

Google AdWordsのブログにあがっていました。

Google オンラインチラシの提供開始

http://adwords-ja.blogspot.jp/2012/09/google.html

Googleウェブチラシ
こんな感じさ☆

これまでのオンラインチラシはPDFが主流だったため、紙をそのまま画面上に表示するだけだったんですよね。

それが、

  • 商品をクリックmリストに追加して管理できる
  • カテゴリ別に表示などウェブでも見やすい
  • スマートフォンでも見やすい
  • 検索も出来る

別のエントリで書こうと思っているんですけど、020の定義がちゃんと定められてないって言うか、比較的NFCが絡んでくると020といわれるんですけど、もともとの意味から考えると、この広告手法も020ですよね。

いや、単語に惑わされているわけじゃなくて、スマフォでも見れることや、webなら、自由にエリアを指定してそのエリアのチラシを表示することが出来るという仕組みも便利だなーと思うのです。

あとは、比較がもっと簡単にできるといいなーと思うのだけど。あれとこれとを買ってどちらが安くてどういうルートで買い物に行こうかなとか。

毎日のことなら調べる必要も無い(体にしみこまれるから)のだけど、たまに行く場所とか引越ししてすぐで余りなれてないとか、一人暮らしでたまに料理したいときにどうしようとか、これがめちゃくちゃ普及して、小さな八百屋さんとかまで行かなくても金額やら何やらが見えるととても便利だなと思います。

広告の表示は、(AdWordsブログに書かれていることもあり、もちろん)Google AdWordsで購入、ユーザーがクリックをしてチラシを表示したら課金という仕組みなんだそうです。

んー?便利だけど、家で調べて高かったらそのお店には行かない(=そのコストは無駄コスト)になっちゃうねぇ。ま、チラシってもともとそういうものか。^^

【プロモーション】LINEの公式アカウントとかスタンプとか

LINE、たぶん、最も利用時間の長いアプリに入ると思うくらいのある程度ユーザーです。

ここのところ、LINEのプロモーションがたくさんあるなーと思っています。
LINEのプロモーションには2種類あって

・公式アカウント
・スタンプ無料配布

スタンプの有料配布もプロモーションだけどコンテンツビジネスでもあるのでちょっとおいておきます。
えっと、もういまさらLINEの説明はしません。リンク先でご確認下さい。


無料でのスタンプの配布は、たとえばなっちゃん。
device-2012-09-10-180934

device-2012-09-10-181010
コカコーラかな。オリンピックのときの

device-2012-09-10-181104
ドラクエ10

他にも、ローソンとかもあるんだけど、データ飛ばしたあともう期間が終了していたのかダウンロードできなかった。。

今日は
device-2012-09-10-180906
スパイダーマンのお話。

情報元
LINEで行うマーケティング施策:アメイジング・スパイダーマンを振り返る
LINEで初めての映画プロモーションだったのですね。

もう、友達にはなれない(公式アカウントは終了してしまったの?)のか、見つけられなかったけど、スタンプも公式アカウントも両方ありました。

期間:2012年5月31日~2012年8月31日
成果:オフィシャルアカウントには2週間で100万人の登録
タンプは6月末までに350万ダウンロードされ、使用回数は3000万回に達した
映画チケットが当たるプレゼントも実施。そのプレゼント応募には、17万件もの応募

こちらの情報によると、8月31日に終了していたようです

LINEはスゴイという印象を残してスパイダーマン・公式アカウント終了

http://facebook.boo.jp/line-amazing-spiderman-close

このあと、Facebookで8月31日に終了したよって教えてもらいました^^ので期間更新☆ありがとうございます。

いいね!押した数が何万程度で大成功っぽい感じの雰囲気なので、使用回数3000万回ということはその友達にも波及しているということで効果はあったのではないでしょうか。効果を何にしているかは分かりませんが。。

こういった情報が出てくるのは、追いかける立場としてもLINEユーザーとしてもなんか楽しいですね。


もうひとつ注目するのは、アジャイルメディアのサイトに書かれていた、公式アカウントの運用は年間2000万円。スタンプ作成にかかる費用は1000万円というところ。ほほー。。。

スタンプはひとつ170円なので(ほとんどが)、58,824回タウンロードされれば元が取れる計算になります。

現時点(2012年9月10日)でユーザー数は6000万人ということなので、1,020人に1人が1000万円で作った、有料スタンプをダウンロードすればいいということになるのかな?

LINEのスタンプ売上が単月3億円を突破

というお話もあり、1ヶ月にダウンロードされる有料スタンプ(@170円)は1,764,706回ってことで、会員が6000万人で単純計算すると、1ヶ月の間に、34人に1人は(1回は)有料スタンプをダウンロードしているって計算であっているかしら・・(勢いに任せて書いているのでちょっと自信は無いのだけど)逆に言うと34人中33人は有料スタンプかってないってことだけど、私だって毎月買っているわけじゃないし、むしろあんまり買ってないし。感覚的には買われているほうかなと思うのだけど。。

人気スタンプにランクインされているものは、軽く黒字になりそうだなーなんて思います。こちらも感覚ですが。
さらに、クローズとはいえ(友達とのやり取りに使うことが多いので)キャラクタが利用されればプロモーション効果も期待できるし、LINEプロモーションっていいかもしれないとか勝手に思っています。
例えば、みさわ送られてくるとサイト見たくなります。←という効果があるかなと。

LINE楽しいので、これからもいろんな活用がされるといいなーと思います。

<追記>
こちらの情報によると、
【月額150万円から】LINEの企業向け公式アカウントとは?費用と実例まとめ
公式アカウントの費用は「NHN Japanの発表によると、初期費用200万円、月額費用150万円から利用できるとのことです。」とのことです^^

【イベント】ap bank fes 2012 でもリアル「いいね!」

やたら見つかるなーと思ったら、本当にいろんなところで開催されていて、もういい加減追いかけるものいいかなと思ってきました。
リアルいいね!

WS000031
ap bank fesでも開催されていたようです

開催期間:つま恋で2012年7月14日~16日
効果:3日間で1447人が参加。Facebook上で約5万人に広まったそうです

効果の情報ソースはITメディアです

【プロモーション】ICONIQ UNKNOWN展でりあるいいね!

写真展でリアルいいね!

私も一人で美術館(どころか、一人でそこらじゅう)行ってしまうので、これいい!って思う瞬間いいね!ってしたくなる・・
これは普通の感覚か。だから、ソーシャルが流行っているんですよね。

今回見つけたプロモーションは、ICONIQの魅力をフォトグラファーが撮影・発信するプロジェクト「ICONIQ UNKNOWN展」でもO2Oプロモーションとして、気に入った写真があったら、その写真の前にあるNFCにタッチシールを触れることで、facebookに投稿できるというプロモーションを開催していたそうです。

ICONIQ UNKNOWN展
DAY:2012/07/06.Fri – 2012/07/12.Thurs
TIME:11:00 – 21:00 ※7/6,7/8のみ ~20:00
Price:Free
Place:表参道ヒルズ 本館 吹抜け大階段

効果:7日間で344人が参加し、Facebook経由での写真展サイトへのアクセス数は44万PVに達したそうです

詳しくは、サイバーエージェントで働く広報担当のブログに写真入りで載ってました

リアルとWebをつなぐリアルいいね!を導入した世界初の写真展「ICONIQ UNKNOWN展」サイバーエージェントで働く広報担当のブログ

今回もうっかり参加できず・・・

☆情報集めが遅すぎるチナ☆

【プロモーション】REVLON 期間限定カフェ『REVLON Beauty & Love Museum』

2012年が020の元年だとか言われていることもあって、その中でも、Facebookとリアル店舗やリアルイベントを連動させたキャンペーンというかプロモーションは本当に盛んですね。

私も集めきれていませんが、見つけたものは、ここのまとめておこうと思っています。

開催期間:2012年2月9日~16日(7日間)
効果:イベント開催中に685回のタッチ(リアル「いいね!」)があり、約22万人に情報が拡散

2月9日(初日)は招待制だったようですが、それでも685回(人?)が参加したのはすごいと思います。
REVLON 期間限定カフェ『REVLON Beauty & Love Museum』

イベントの説明は上記のイラストのとおり。

REVLON 期間限定カフェ『REVLON Beauty & Love Museum』