カテゴリー別アーカイブ: Google Analytics

ユニバーサルアナリティクスに移行後、トラッキングコードの変更は必須じゃなかった

Google アナリティクスから、ユニバーサルアナリティクスに移行(このいい方もちょっと齟齬があるかもしれませんが)する手順として

  1. プロパティをユニバーサルアナリティクスに移行する
  2. トラッキングコードをユニバーサルアナリティクスのものにする

ですが、2番目のトラッキングコードの変更は必須じゃなかったんですね。以下抜粋

Q. アップグレードを開始した後、完了しないでいるとどうなりますか?

A.アップグレードが止まっている段階に応じて、次のようなことになります。

プロパティがユニバーサル アナリティクスに移行されていれば、収集したデータはすべてユニバーサル アナリティクスを使って処理されます。ただし、従来版の Google アナリティクス トラッキング コードでセッション タイムアウトやキャンペーン タイムアウトを設定しており、アップグレードの際にユニバーサル アナリティクスでそれに応じた設定をしていない場合は、タイムアウトがデフォルトの設定に戻り、データが壊れたり、不完全になったりする可能性があります。具体的には、セッションの場合はセッション数に増減が見られたり、キャンペーンの場合はレポートに表示されるノーリファラーの数に増減が見られたりします。

必須ではありませんが、新しいトラッキング コードの導入をおすすめします

そういえば、プロパティをアップデートしてくださいというアラートが出なくなりましたね。
もしやもう全部ユニバーサルアナリティクスになってるとか?

1年半ほど、サイト分析からはなれ、広告分析メインだったので情報収集怠り気味でした。

【GA】Googleタグマネジメントで拡張リンクのアトリビューション分析

Google アナリティクスに「ページ解析」機能が搭載されて結構たちます。

google analyticsページ解析

メニューはここ。

ページ解析

こんな感じで、ページ内のどのリンクを遷移しているのかなどがわかる機能なのですが、問題として、同じ飛び先のリンクはマージされて、同じ数値が表示されてしまうのです。
TOPページへのリンクが複数箇所にあったとしても、それはマージされて、同じ数字が全てのTOPページのリンクに表示されてしまいます。

それを解決するのが、拡張リンクのアトリビューション分析です。説明や設定方法は、以下を参照してください。

拡張リンクのアトリビューション分析の概要

以下2つの設定をすることで、同じ飛び先のリンクも別々に集計できますよ。ということです。

1)トラッキングコードをちょっとだけ修正
var _gaq = _gaq || [];
var pluginUrl =
‘//www.google-analytics.com/plugins/ga/inpage_linkid.js';
_gaq.push([‘_require’, ‘inpage_linkid’, pluginUrl]);
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-XXXXXX-Y’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);

赤いところを追加する

2)Google アナリティクスのプロパティ設定で、拡張リンク アトリビューションを使用する をonにする。
拡張リンク

これだけ。これだけなのですが、Googleタグマネージャー使っているときはどうすればいいのか。

Google analytics用のタグを編集します。

詳細設定のオプションの項目「拡張リンクのアトリビューション分析を有効化」を「True」にします

タグマネージャー

※このキャプチャ、現時点のものなので変更になる可能性があります

とりあえず、Google アナリティクスのトラッキングコードの修正は、GTM(Googleタグマネージャー)では、上記の設定で良さそうです。

【GA】Google アナリティクス プレミアム 開始

有料のGoogleアナリティクスサービス、Googleアナリティクス プレミアム。

アメリカなどでは既に開始されていて、日本での開始を待たれていた企業も多いかと思います。

2013年3月15日に、Google アナリティクス ブログでサービススタートの正式なアナウンスがありました。
それに伴い、代理店各社が、サービススタートのリリースを出してますね。

もちろん、各社の動きはウオッチしてますが、ようやくやっと!IMJからもリリースが出ました>w<

退職前、割とこちらの立ち上げに携わっていたので、リリースうれしいですね。

各社いろんなメリットがあるかと思いますが、私が一押ししているのは、IMJです!

  • Googleアナリティクス導入しているが、サポートがないのは不安
  • Googleアナリティクスで分析したいことがあるのだけど、いまいちわからない
  • トラフィックが多すぎて、無料版では計測しきれない
  • Googleアナリティクスの情報をいち早く教えてほしい。

などなど。ほかにも、無料版ではなく有料版にしたい理由はいろいろあると思います。

Google アナリティクス プレミアム 導入をご検討の皆様。代理店、ぜひIMJをご指名ください!


「Google アナリティクス プレミアム」正式販売開始 -ツールの導入支援に加え、独自のコンサルティングサービスを提供-

【GA】internet explorer でエクセルのエクスポート

Googleアナリティクスのエクスポート、以前は文字化けしてしまうとか、なんとなくCSVでエクスポートしていたのですが、いつの間にか、シートに分かれて、見やすくエクスポートできるようになってますね。

まだ、試されていない方。便利なので一度試してみてください。エクセルでエクスポート。

ところが、IE(internet explorer インターネットエクスプローラ)でダウンロードすると何かおかしくなってしまってエクスポートできません。

Googleアナリティクス IE

名前がおかしくなってしまいます。

クロームとか、別のブラウザなら、ちゃんとエクスポートできますので試してみてください^^

【GA】Googleアナリティクスに超便利機能「キーボードショートカット」

ウェブのアクセスを解析する無料のアクセス解析ツール 「Googleアナリティクス」に、また便利な機能が追加されました。

Googleアナリティクスにログインして、? (shift+ /  かな?)を押すとこんな画面が登場します。

Googleアナリティクス キーボードショートカット

通常の利用の仕方をしていると気がつかないかもしれませんが、これ、かなり便利です。

[d と t]を押すと、レポートの期間が今日になったり、[a]を押すと、表示するアカウントを変更するためのアカウントパネルを開いたり。

こう、文字で書くと、わかりにくいけど、想像以上に便利です。おすすめの機能です。

【GA】「サイト平均との比較」の計算式について

Google アナリティクスのレポートにある「サイト平均との比較」ってどうやって計算しているのかと聞かれたので、調べました。

Googleアナリティクス

レポート画面の右の列に選択式で表示することができる、この「サイト平均との比較」
直帰率で見ているのですが、直帰率が0%の時は、-100%という事になっています。

Googleアナリティクス

直帰率が100%の時は、18.27%になっています。

直帰率が100%という事は、そのページを入口ページとしてアクセスした人は全員他のページを見ないで離脱しているという事ね。
逆に、直帰率0%という事は、そのページを入口ページとしてアクセスした人は全員、ほかのページを見ているという事。

っていうか、転がるもみじまんじゅうの謎ってなんだよ・・。画像切れてて、なんのこっちゃわからないよ・・

ちなみに、サイトの平均は

Googleアナリティクス
84.55%。ブログとはいえ、高めの直帰率となっております。

ここで、なんとなく思ったことは、直帰率0%のとき、サイト平均との比較が 100% ならば、直帰率100%の時は、サイトとの比較が 0% になるかと思いきや、そうではないのですね。

計算式を考えてみよう

対象の値 ÷ サイトの平均 - 1

であってると思います。

何を意味しているか考えてみよう

対象サイトの選択期間で、サイトの平均と、どのくらい差があるかを比較できるというもの。。そのままですが、そういう事ですよね。
ここでの平均は、文字通りの「平均」(中央値ではない)ので、外れ値に引っ張られてしまうし、外れ値はびっくりするくらい外れます。

このレポートの使い道を考えてみよう

使い方はいろいろあると思いますが、期間を比較にするといいかなと思います。

たとえば、
Googleアナリティクス

ページで期間比較してます。
上の段と下の段で比較できるのですが、閲覧開始数が2561のページ。比較の期間では、3998閲覧開始があって、増えたのですが、直帰率は、サイトの平均と比較すると下がっていることがわかります。

ま、今、何かを調べようとして出しているわけじゃないので(おーい)だからどうだってことなのですが、というか、この指標だと、直帰率で比較したほうがいいような気もしますが、、

サイト平均と比較してどうなのよ。というレポートを見ることができます。

Googleアナリティクス

別の軸だとこのように表示されます。

閲覧開始数は増えたほうがいいので、平均(グレーの線)より右に伸びたほうがよくて、直帰率は低いほうがいいので、平均より左に伸びたほうがいいということで、左に伸びてるものが緑になっています。

【Googleアナリティクス】GAIQ勉強用動画の日本語訳

以前、Googleアナリティクスの認定試験 GAIQ を取得しました。というエントリを書きましたが、

【GA】Google Analytics IQ test合格しました

その時に私も勉強したし、今も、GAIQ 取得についての質問や相談(どうやって勉強するのがいいですか?)を受けたときは、この動画を見たらいい!と回答をしているほどで、毎日Googleアナリティクス を見ているという人でも、ちょっとした発見があると思う、勉強になるレッスンビデオがあるのです。

アナリティクス IQ

http://www.google.com/analytics/iq.html

続きを読む

【GA】Google Tag Managerを導入してみた

私のもう一つのブログに、Googleタグマネージャーを導入してみました。

今、サイトを作るといろんなタグを導入する必要があります。SNSのボタンやら、解析やらなにやら

一応、Googleのものだし、利用用途は

  • Google Analytics
  • Google AdWords
  • リマーケティング

あたりかなーと思っていて、Google アナリティクスしか使ってないブログなので、別にいらないかなと思っていたのですが、さっき気がついた驚愕の事実。。。

リニューアルしたときに、ソーシャルの計測入れ忘れてるジャン・・・

実は、右下からぴょこっと表示される、Facebookのオススメも、「入れたい箇所に入れるコード」はリニューアルのときに忘れずにいれていたんだけど、headerに入れないといけないJS(これもコード)を入れ忘れてて表示されてなかったりしたのです。。あとで気がついて直しました。

こういう、タグの入れ忘れや、不明なタグをなくすことが出来るのもGoogleタグマネージャー(GTM)なんです。
GTMって、世界標準時みたいですね

Googleタグマネージャーは、広告や分析だけのものじゃない

そうなんです。Facebook,twitterなどのソーシャルボタンを設置する際、「設置したい場所に書くJSと、ヘッダーに書くJS」というものがあり、その、ヘッダーに書くJSがとにかく多くて、コメントタグで、ここからここまでがFacebook、ここからここまでがはてぶ・・なんて感じで、未来の私に向けたメッセージを書いているのですが、多すぎて見栄えも悪いしぐちゃぐちゃになりがちなのです。

そういった、「ヘッダーに入れる(どこかに入れる)JSを、Googleタグマネージャで管理することが出来るのです。
続きを読む

【GA】デバイスを超えて計測可能になるユニバーサルアナリティクス発表

現在開催されているGoogle Analyticsサミットでいろいろ発表されてますね。

Google アナリティクスサミットで発表されたユニバーサルアナリティクス

公式ブログ
Google Analytics Summit: What’s New And On The Horizon For 2013

昨日の夜はtwitter追いかけてて、14時過ぎまでPC眺めてましたね。寝なきゃだめだ!と思って寝ましたが。。
続きを読む

【GA】モバイルアプリ SDK v2 及び アプリ専用レポート画面が一般公開されているようです

ベータに参加していたけど、ほとんど役に立ててないよー @_@ ごめんなさい。

Google アナリティクスのスマートフォンアプリ分析(iOS,Android OS)の計測用 SDK V2が一般リリースされたようです。

それに伴い、新規プロパティ作成画面が変更になりました。

WS000001

新規プロパティ作るボタンが(ウェブまたはアプリ)と強調しているっ

WS000002

かなり大き目のボタンで、ウェブとアプリを選択できるようになっています。
こんなに大きくする必要・・と思ったけど、ここで選択を間違うと変更できないんだろうな。

WS000003

アプリの方を選択すると、こんな感じの注意書きが出ます。

んーーー。結局、これまでアプリの計測をv1でしていた人は、v2つかうには入れ直しをしないといけないのかなー
面倒かもだけど、長い目で見ると、v2にした方がいいと思います。計測可能項目が増えますし。レポートも変わってますし。

【GA】2012年夏リリース予定のアプリのレポートは?

この辺にも書いたとおりです。そうかー。2012夏リリース予定だったのか。ちょっと秋めいてきてますね。

一応、これまでベータ版を使っていたGoogleアカウント以外のアカウントをユーザーで追加してみたところ、ベータ版のユーザーに選ばれていなかったアカウントでもアプリのレポート画面を見ることが出来ました。

新規の導入は試していません。

これで、アプリ分析がまた活性化しそうですね。

なお、プロパティ作成時のアプリを選択した画面で表示される、アプリのベストプラクティス導入を検討されている方は読んでみてください。

よく質問されるのですが、アプリからブラウザに遷移した場合計測できるか。

答えは、その「計測」というのが、同じプロパティで計測したいなら×です。出来ません。

今回から、レポート画面が変わっているので、もう、同じプロパティで計測したいと考えることはないと思いますが、リンクするときに、プロモーションのパラメータをつけることで、ウェブ側で、アプリからの遷移を確認することができます。別のプロパティになりますが。多分この解釈であっていると思います。