カテゴリー別アーカイブ: ウェブ解析考え方

webディレクターのためのアクセス解析

アクセス解析を生業にしている人(ウェブビジネスクリエーター)も幅が広い職種だと思っておりますが、ウェブディレクターさんも、本当に幅の広い職種だと思います。

なので、毎月のアクセス解析レポートを作成されたり、簡単な分析をされているディレクターさんも多いと思います。

ここでは、アクセス解析に触れた事が無い、ウェブディレクターさんに簡単なウェブビジネスクリエーターの心構えというか、むしろ、心持ちくらいのライトなお話をしています。

アクセス解析の専任の人がいなくても、ウェブディレクターさんが、すこし、担当のサイトがビジネスの役に立つような気持ちでいてくれたら、きっと、世の中のサイトはもっと、活用されるんじゃないかと思っています。

日々の仕事で追われているのはわかりますが、少しの知識が、ウェブディレクターとしての価値をあげるんじゃないかなと思います。

ディレクターのためのアクセス解析講座とかもやります。ご相談ください。

アクセス解析ツールの特徴と、選定方法について

代表的なアクセス解析ツールの集計方法について

代表的なアクセス解析ツールのログ取得方法をバックリと説明しています

紹介しているログ取得方法は
・ウェブビーコン
・パケットキャプチャ
・ログ
・プロキシ
以上4つ。

話すの忘れてるけど、サイト(ページ)の修正が発生するのがウェブビーコン。
それ以外はサーバに修正が発生します。

アクセス解析ツールの選定方法

いろいろな条件を加味した上で、そのサイトに最適なアクセス解析ツールを選定する必要があります。
ウェブアナリストで経験した事をもとに私が思う選定について、動画でまとめてます。

・自分で契約できるか
・代理店契約か

==
・料金体系
・予算

==
・取得したいログが取得できるか
 ・イーコマース
 ・まず取得したいログを考える必要があります。
==
・導入できるか
 ・CMSなどで導入できない場合もあります。

サイトによって異なると思うので、最適なツールを選定してください。

アクセス解析ツールの選定に悩んだら、ご相談ください。

お仕事の依頼はこちら

このサイトはよくなると思う瞬間

芸能人に似ているといわれることもまれにあるのですがかつて1度、小池鉄平さんに似ているといわれたことが一番うれしかった皆元です。

先日、以前担当していたサイトのディレクターさんから、どうしても合わない数値があるからと呼ばれて行って来ました。

そこでのやり取り。
ディレクターさん『このレポート、この項目追加してもいいですか?今はいいんですけど、半年後とかにこれがないと分からなくなってしまいそうで・・

システム担当者さん『どちらの数値も出すことは出来ますけど、どの数値をどう使うかが重要だと思うんですよね

こういった会話を聞いて、このサイトきっとよくなるなぁと感じました。
続きを読む

【ウェブ解析の考え方・コラム】ウェブ成果は測れるのか

以前、「広告主 アドマン春秋」という本の書評を書いたときにも似たようなことは書いたのですが、

【書評】広告主 アドマン春秋
http://webanalyst.biz/column/adman-shunju/

ウェブはTVや雑誌などでは知ることができなかった、効果を計測できます

という話が世の中にはあるのですが、やっぱりそれは違うと思っています。
続きを読む