【GA】Googleタグマネジメントで拡張リンクのアトリビューション分析

Google アナリティクスに「ページ解析」機能が搭載されて結構たちます。

google analyticsページ解析

メニューはここ。

ページ解析

こんな感じで、ページ内のどのリンクを遷移しているのかなどがわかる機能なのですが、問題として、同じ飛び先のリンクはマージされて、同じ数値が表示されてしまうのです。
TOPページへのリンクが複数箇所にあったとしても、それはマージされて、同じ数字が全てのTOPページのリンクに表示されてしまいます。

それを解決するのが、拡張リンクのアトリビューション分析です。説明や設定方法は、以下を参照してください。

拡張リンクのアトリビューション分析の概要

以下2つの設定をすることで、同じ飛び先のリンクも別々に集計できますよ。ということです。

1)トラッキングコードをちょっとだけ修正
var _gaq = _gaq || [];
var pluginUrl =
‘//www.google-analytics.com/plugins/ga/inpage_linkid.js';
_gaq.push([‘_require’, ‘inpage_linkid’, pluginUrl]);
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-XXXXXX-Y’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);

赤いところを追加する

2)Google アナリティクスのプロパティ設定で、拡張リンク アトリビューションを使用する をonにする。
拡張リンク

これだけ。これだけなのですが、Googleタグマネージャー使っているときはどうすればいいのか。

Google analytics用のタグを編集します。

詳細設定のオプションの項目「拡張リンクのアトリビューション分析を有効化」を「True」にします

タグマネージャー

※このキャプチャ、現時点のものなので変更になる可能性があります

とりあえず、Google アナリティクスのトラッキングコードの修正は、GTM(Googleタグマネージャー)では、上記の設定で良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>